メールのドメインを変更したい

プロバイダーのメールを使っているお客様から、メールのドメインを変更したいという相談がありました。

ドメイン変更は、契約状況によってできる場合とできない場合があります。

プロバイダーのメールの場合、ドメインの一部分のみ変更できる場合もあります。

ドメインを変更したいという場合でも、実際に訪問してお話を伺うと、全然違うことを相談されることがあります。

迷惑メールを何とかしてほしい
新しくメールアドレスを作成したい

ということのほうが多いように思えます。

迷惑メールと言っても、お客様ご自身で登録したメールマガジンからのメールや、過去にお買い物をしたショッピングサイトからのお知らせメールが大半を占めることが多いようです。

メール配信解除の手順は、
1.迷惑メールを選ぶ(削除して残ってないことが多いです・・)
2.会員サイトにログインするが、ログイン情報不明
3.パスワード再発行
4.会員サイトにログインして、メール配信設定解除

これをひたすら繰り返します。

これだけで、もう全然やり方が分からないというお客様も多数いらっしゃいます。

お客様に代わってメール配信停止手続きもしていますので、迷惑メールでお困りの方はご相談ください。

ヤフオクで買ったパソコン

Yahooオークションでデスクトップパソコンを購入したお客様から、Officeのライセンスキーがないという相談を受けました。

ヤフオクでの質問は、販売者に質問してください。
と言っても、ヤフーのシステムでは過去の取引データはすぐ消されてしまうため、連絡が取れないことも多いです。

今回のお客様の相談は、Microsoft Officeの再インストールができないことについて。

中古パソコンの取引ではよくあることですが、Microsoft Officeの正規版が入っているものは信用しないほうがいいと思います。

お客様が購入した中古パソコンも、ライセンス認証済みのパソコンでした。
リカバリーディスクが付属していて、それを使えば購入時の状態に戻すことはできます。

Microsoft Officeだけ再インストールするには、プロダクトキーが必ず必要になりますが、そもそもプロダクトキーがありません。

おそらく、マイクロソフトに相談すると新しくOfficeを購入するよう案内されることになるのではないかと思います。

海賊版かどうか、偽物のライセンスかどうかなど、詳しく調べたわけではありませんが、おそらく不正ライセンスだということを伝えさせていただきました。

ちなみに、内蔵SSDドライブも怪しかったです。
メーカー名表記がどこにも記載されてなく、型番など特定できる文字列の記載もありません。
このSSDをシステムドライブに設定するのは非常にリスクが高いように思えます。

お客様が購入されたパソコンは、Dellのデスクトップパソコンでしたが、おそらく新品で正規ライセンスのOffice付きパソコンを買っても、同じぐらいの金額だったのではないでしょうか。

中古パソコンを買う際は、Officeは別途購入するつもりで中古パソコンを買うことをおすすめします。

SEOの相談

整体をしているお客様から、ホームページの広告戦略やSEOについて相談してほしいという依頼がありました。

まずはお店のこと、今やっている宣伝方法などホームページ以外のことも確認する必要があります。

ホームページについては、無料サービスを複数利用しているとのことで、どのページに人がアクセスしたのか解析するのが困難な状況で、一部だけ分析できそうです。

今回は、基本的な広告の仕組み、SEOの基本方針などを話し合いました。

SEOの相談でよくあることですが、「最低限のホームページメンテナンスだけしてほしい」、「写真や文章などは自分で用意する」とよくお客様に言われます。

ところが、実際にそれでうまくいくことは中々ないように思えます。

お客様ご自身で対応できるなら、最初から相談する必要もないですし、お店や商品の写真を用意するだけでも一苦労で挫折することも多いようです。

どのぐらいお金や時間をかけるつもりがあるのか、最低限どこまでする必要があるのかなど、何でも相談になりますので、困ったときのパソコンサポートまでご連絡ください。

インターネットの契約見直し

J-COMのケーブルテレビでインターネットを利用しているお客様から、インターネット回線の切り替えをしたいという相談がありました。

お仕事で使っているインターネットの回線切り替えは、特に注意する必要があります。

固定IPサービスを利用している場合は、取り引き先の会社さんに連絡する必要があるかもしれません。
また、固定IPサービスはプロバイダーによっては利用できない場合もあります。

電話番号が引き継ぎできるかどうかは特に重要です。
ケーブルテレビで取得した電話番号の場合、解約すると電話番号が変わってしまうこともあります。

他にも、地デジのアンテナがない物件の場合は、テレビが見れなくなります。
J-COmなどで無線接続サービスを利用している場合、契約を切り替えた後も無線接続できるような契約にするか、自分自身でWiFiルーターを用意する必要も出てきます。

インターネット料金の節約が理由で契約見直しをする場合は、関連サービスに影響が出ないか十分調べてから切り替えるよう、ご注意ください。

ケーブルテレビの線が外れない

CATVのJ-COMを契約されていたお客様から、今すぐ助けてほしいという依頼がありました。

今回は、パソコンやネットワークの設定ではありません。
引っ越しのため、J-COMにモデムを返却する必要があるけれど、そのモデムが壁から外れなくて困っているということでした。

J-COMに相談すればいいような内容ですが、営業時間が終了してしまい相談することができなかったそうです。引っ越しも翌日に控えていたそうで、もうどこにも頼ることができなくて本当に困っていたそうです。

同軸ケーブルを壁から外すだけの作業なので、工具があればすぐできます。
今回は、同軸ケーブルがしっかりと固定されていたため、簡単には外すことができなかったようです。

訪問してすぐモデムを外すことができ、お客様に喜んでいただけました。

ホームページを目立つようにしたい

会社のホームページをもっと目立つようにしたいというお問い合わせをいただきました。

このような場合、まずはコンサルティングです。
ホームページ作成やリスティング広告への出稿は、お客様自身で既に実施済みとのことでしたので、どうやらSEO対策を中心に今後どう改善していけばいいか知りたいとのことでした。

SEO対策と言っても、ホームページ作成をどのようにしているか、どのようなサービスを利用しているかなどによって、できる範囲が変わってきます。

また、近所へのチラシ配布、リスティング広告を含めた広告宣伝費全体の予算も合わせて考えていく必要があります。

SEO対策は、数か月程度継続していかないと結果が分からりませんので、お客様と長期の契約を結ぶ必要があります。どこまでお客様側で作業できるかによって、金額は大きく変わってきます。税理士のアウトソースと同じですね。
お客様自身で作業すると金額はかなり抑えられますが、長時間もSEO対策や広告費の制御、アクセス解析などに時間を割く必要が出てくるため、できるだけ本業に専念されたほうがいいかと思いますし、実際に伸びている会社さんはそうしていることが多いと思います。

今回は、SEO対策以外にもホームページのデザインを作り直したいとのことでした。
無料のサービスを組み合わせてホームページを作成されているようでしたが、どうしても画像のサイズやフォントで細かい設定ができないらしく、全面作り直しを含めてのご依頼でした。

ホームページのメンテナンス、SEO対策などまとめて対応します。東京、埼玉を中心に出張して対応しますので、お気軽にお問い合わせください。

Driver Updateが出る

パソコンを使っていて、Driver Upadateの案内が出るというお問い合わせをいただきました。

Driver Updateという文字が画面のどこに出たのか。
一緒に表示されているメッセージやロゴはあるか。
パソコン起動のたびに毎回でるのかどうか。

などによって、このメッセージが悪質なものかどうかある程度判別できます。

悪質なソフトでも、Driver Updateが必要と知らせてくるものもたくさんあり、どれを信じていいか分からないことが多いと思います。

ドライバーのアップデートはできるだけやっておかないとセキュリティ面で問題が出ることがあります。なので、是非アップデートしておいたほうがいいです。

ところが、このメッセージが偽物、つまり悪質なソフトがアップデート案内を表示して、そのメッセージの通りにドライバーをアップデートしてしまうと、次から次へと悪質なソフトが多数入ってきます。

少しでも疑わしいと感じたら、それ以上は進めないで困ったときのパソコンサポートへご連絡ください。

海外出張先からメール送信できない

海外出張中に、会社のメールを送信しようとするとエラーになるというお問い合わせをいただきました。

調査したところ、ソフトバンクのスマートフォンを使ったテザリング環境では、メール送受信やインターネット閲覧など全く問題がないようです。出張先の会社のWiFiや、公共WiFiを使った場合には、メール受信やインターネット接続はできるけれど、メール送信だけできないようです。

現地の技術スタッフが事前に調べた情報では、メールサーバーの容量不足とのことでしたが、本当にSMTPのエラーコードを調べたのか疑わしいです。

利用している会社のメールサーバーを調べたところ、どうやらサーバー設定に問題があることが分かり、その設定を正しく修正することで、無事に海外出張先からもメール送信できるようになりました。

DVDが取り出せなくなった

富士通のデスクトップ(一体型)パソコンにDVDを入れたところ、取り出せなくなって困っているという相談がありました。

取り出せない時は、強制排出をすればいいのですが、今回はどうも様子が違うようです。

訪問して確認したところ、DVDのトレイは取り出せるけれど中にDVDが入ったまま出てこなくなったとのこと。それも、断定できないそうで・・。

中に光を当てながら確認したところ、DVDが張り付いていることが分かりました。張り付いたDVDの隙間に、細い工具を使って少し浮かせ、パソコン本体を傾けたら無事にDVDが出てきました。

DVDの読み取り面に深い傷が何本かついていましたが、データが書き込まれた部分はごく一部だっただめ、影響がなかったようです。念のため、パソコン本体にもデータをコピーしておきました。

大事なDVDだったようで、とても喜んでいただけました。

セキュリティソフトの更新請求書が届いた

パソコントラブル対応で訪問作業中に、セキュリティソフトの請求に関する話題になりました。

「請求書が届いて支払ったばかりなので、しばらくは安心」というものでした。お客様のお話の内容を詳しく聞かせていただいたところ、何となく不安になったので、セキュリティソフトの会社に問い合わせて、契約内容を調査しました。その結果、どうやら今使っているセキュリティソフトでは、コンビニ払いの請求書が届かないようです。

念のため、同じ住所で別の登録がないか調べてもらいましたが、契約は2重にされていないようです。

お客様は、どの会社から届いた請求書か覚えていないようです。また、請求書は捨ててしまって既にないため、追跡調査はできませんでした。

分かったことは、どこかの会社から請求書が届いて、支払ったということ。
次に請求暑が届いた時、支払う前に電話してもらうようお願いしてきました。

クレジットカードの自動引き落としや、届いた請求書で悪質なものもよくあります。お客様と一緒に、不明な請求を調べたり、不要なサービスの契約見直しもご提案しますので、気になる方は困ったときのパソコンサポートまでご連絡くださいませ。