営業でタブレットを使いたい

お客様が客先で、自社の事例紹介をタブレットを使ってやりたいという相談がありました。

要件は、

  • インターネット接続不要
  • 事例紹介データは、1枚の画像データで作成済みなので、それを表示したい
  • 事例紹介の画像は、グループ分けしていくつかの切り口で探せるようにしたい
  • 実績一覧表を見れるようにしたい

というもの。

タブレットの標準機能では、事例紹介画像を探し出すのがとても分かりにくくなるため、専用アプリをインストールして対応することになりました。

パソコンのように、ショートカットを作成しての対応ができないため、事例紹介のグループごとに画像をまとめてフォルダ分けしていきます。なので、同じファイルが複数箇所にコピーされるよう配置していきます。

実績一覧表については、Microsoft Excelの機能を使うことにしました。

全て設定が終わり、タブレット2台で同じ情報を閲覧できるような仕組みを作りました。

OCNのメールが使えなくなる

今年の4月頃から、OCNのメールが使えなくなる恐れがあるので、設定変更してほしいという連絡が、OCN会員の方に届くようになっていたようです。

メールサーバーの設定が古いままだと、2019年10月以降にメールの送受信ができなくなるというもの。

OCNのサポートページには詳しい設定手順が載っています。

読むのが面倒だったり、よく分からないので、設定してほしいという連絡が多数来ています・・・。

Windows Liveメールは、OCNもサポートしないと記載されていました。
Windows7から10に移行した人の中には、Windwos Liveメールを使い続けている方も多数いるのではないでしょうか。

2件続けてOCNメールの設定をみてほしいという依頼が入り、急ぎ訪問して対応してきました。

10月以降にメール送受信でトラブルがないよう、早めに確認しておくことをおすすめします。

Windows7にサービスパックを入れてほしい

古いノートパソコンを使っているお客様から、Windows7のSP1(サービスパック1)をインストールしてほしいという依頼がありました。

普段使っているデスクトップパソコンが故障したので、急ぎノートパソコンを使いたいそうです。ところが、ノートパソコンはWindows7です。サービスパックの入っていないパソコンで、Internet Explorerのバージョン9が入っていました。インターネットのサイトを見ようとしてもエラーばかり出て困っているので、サービスパックを入れてほしいということでした。

「サービスパック1」をインストールしても、その後にWindows Updateでの更新プログラムはものすごくたくさんあるため、そのままでは決して安心して使えるものではありません。何かソフトを動かそうとした時に、更新プログラムが入っていないために動作しない、インストールできないなどの問題が出る可能性があります。

お客様と相談の上、「サービスパック1」のインストールだけでなく、その他Windwos Updateも最新状態にすることとなりました。

もともとWindows Updateの不具合が発生していたパソコンのようで、サービスパック1をインストールしても、Windows Updateは動作しませんでした・・・。

次にWindows Updateを動作するよう修正しましたが、その次はWindows Updateプログラムからもエラーが発生です。エラーコードが出るだけ解決の糸口があります。

こちらの問題は、いくつかの更新プログラムを手動でインストールすることで解決できました。

ここからやっと、約200個の更新プログラムをダウンロード+インストールしてくれるようになりました。今回の作業はちょうど5時間でした。使っているパソコンの状態が非常に良かったので5時間で作業完了できたと思いますが、通常はもっと時間がかかると思います。

セキュリティのリスクとなるような古いプログラムがいくつもあったので、最新版にできるものは対応しておきました。

Windows7を使いたいという状況はあまりないかもしれませんが、サービスパックが入っていない時代のパソコンを持っていたり、出荷状態に戻してサービスパックなしに戻ってしまった場合、Windows Updateを待っているだけで最新状態になることはまずありません。

ほぼ必ずどこかでエラーに遭遇するはずです。しかも、今回のように複数のエラーが発生することがほとんどではないでしょうか?

困ったときのパソコンサポートでは、サービスパックの適用やWindows Updateのトラブル対応事例が多数ありますので、安心してご依頼ください。

事務所の複合機が壊れた

事務所で使っている複合機を新しいものに交換したので、各パソコンに設定してほしという連絡がありました。

Windowsパソコンだけではなく、Macも使っている環境でしたので、それぞれ設定していきました。Windows7、Windows8.1、Windows10が混在する環境で、Windows Upadateの更新タイミングとも重なったため設定には思ったより時間がかかりました。

スキャナ設定はFTPサーバー、SMBを利用したもの以外にも、複合機本体のメモリーボックスにアクセスするやり方もあります。FTPやSMB方式は、OSごとにセキュリティ設定が異なったり、セキュリティソフトによっては設定するのが非常に面倒、設定するのはかなり面倒です・・。

お客様のご要望で、今回は複合機本体のメモリーボックスにアクセスする方式となりました。これが一番設定が楽で、ネットワーク環境が変わっても大きな変更なしで使い続けられる便利なやり方でしょうか。

Yahooメールにログインできない

仕事で使っているYahooメールにログインできなくて、パスワード再設定もできなくて困っているという相談がありました。

お客様は、メールアドレス作成時のパスワードや秘密の質問を記載したメモ用紙を持っていたのですが、それでもダメだったそうです。

お客様と一緒にYahooメールにログインを試みましたが、やはりパスワードが違うということでログインできません。

次に、パスワード再設定画面に進みます。
パスワードを忘れた時に備えて、スマートフォンのメールアドレスを登録してあるのですが、そのスマートフォン自体が行方不明でよく分からないとのこと。
既に、携帯電話を解約している可能性もあります・・。

秘密の質問をメモしてあったので、それを画面で入力しましたが、質問の回答が違うとのことでパスワード再設定できません。アルファベットの大文字、小文字、平仮名やカタカナも試しましたがダメ。最後は半角カタカナで入力すると成功しました。

パスワードを再設定してログインしたのですが、メールは1件もありません。
送信済みメールやゴミ箱を見ても1件もメールが見つかりません。

お客様の持っているパスワードメモをもう一度確認させてもらったところ、どうやらもう1つメールアドレスが存在することが分かりました。

そちらでログインを試みましたが、こっちもパスワードが間違っています。
こちらでもパスワード再設定をしました。

こっちのメールアドレスがどうやらお仕事で使っていたもののようで、メールがたくさん届いていることが確認できました。

今回トラブルのあったパソコンは、受注専用パソコンだったそうで、お仕事の依頼メールが受信できなくて大変お困りだったようです。

無事解決でき、喜んでいただけました。

FXの自動売買設定をしてほしい

FXの自動売買の申し込みをしたけれど、設定できなくて手伝ってほしいという連絡がありました。

XMTrading社で口座開設し、自動売買ツール(EA)の申し込みをし、お名前.comのVPSで運用したいとのこと。

メールで自動売買の設定資料が送られてくるのですが、実際のソフトのバージョンと設定資料に記載のバージョンとが異なるため、どこを設定していいか分かりにくくなっています。契約していない他のEAの画像を使って説明されている箇所もあり、非常に不親切です。

問い合わせはメールのみで、質問しても期待した回答が得られなくて困っていたそうです。

お客様の代わりに、やりとりしたメールや説明PDFなどを見ながら設定していきます。
無事に設定完了し、EAの動作も有効にできました。

念のため、不慮の再起動に備えた対応など、VPSだからこを最低限しておかないといけない設定もしておきました。

iPhoneとパソコンで同期したい

仕事で使うパソコンとiPhoneとの間で、写真や文書などの同期をしたいので設定してほしいという依頼がありました。

訪問して確認したところ、iPhoneとiPadとパソコンの合計3台で同期したいとのことでした。今回は、iCloudとDropBoxを使ってデータ同期する設定をしました。

iCloudは50Gbyteプランを選び、DropBoxは無料プランで利用しました。

クラウド(インターネット)を利用したデータ同期サービスは、安くて便利ですね。
GoogleのGsuite(Googleドライブファイルストリーム)、MicrosoftのOffice365(OneDrive for Business)は特におすすめです。

外出先でとった写真をパソコンで簡単に見たい。
パソコンで作成したPDFやExcel、Word文書などをiPhoneやiPadで外出先から見たいなど、ご要望がありましたら、どのサービスがおすすめかなど、お客さまごとに合わせてご提案さしあげます。会員登録から初期設定まで一緒にサポートしますので、困ったときのパソコンサポートまでお問い合わせください。

セキュリティソフトを入れたい

ウイルスバスターのパッケージが家にあるので、それをインストールしてほしいという依頼がありました。

訪問してインストールしようとしたところ、付属していたシリアルコードは、6年前に既に使用されたものだったようで、新しくウイルスバスターを購入してインストールすることになりました。

パソコン付属の体験版ウイルスバスターでは、シリアルコード入力画面に行く前にエラーが発生して先に進めなくなっていたため、いったんアンインストールしてからの設定となりました。

それ以外は大きなトラブルもなく、無事にインストールや設定が完了し、会員登録も一緒に行いました。セキュリティソフトは、インストールするためのURLが非常に分かりにくくなっています。ウイルスバスターだけではなく、他社製品でも同様です。インターネット検索して最初に出てくるページが宣伝用のランディングページで、この画面を表示してしまうとダウンロード画面にたどり着くのが本当に分からないような仕組みになっています。改善するつもりはないのでしょうかね・・・。

金の自動売買をしたい

FX業者のXMを使った金(GOLD)の自動売買設定をしてほしいという相談がありました。

今回はMT5ではなく、MT4を利用しました。
お名前.comで契約したVPSサーバー2つに、それぞれMT4を2つずつ起動するよう設定しました。自動売買のEAは4種類です。

メールでの通知も必要とのことでしたので、Yahooメールに通知が届く設定にしました。
Yahooのアカウント設定なども一緒にしています。

VPSが再起動してしまった場合に備えて、自動起動スクリプトも組み込んで動作検証までしてきました。

一部、EAの認証エラーが出ていたたのですが、どうやらEAの設定マニュアルが間違っていたようで、正しく設定しなおすことで無事に動作することができました。

FXの自動売買はよく設定依頼がありますが、金の自動売買設定は今回が初めてでした。自動売買サービス提供業者では、有料電話サポートはしてくれても設定まではしてくれないようで、設定できなくてお困りのお客さまからよくご依頼いただいています。ほぼ100%のお客様から、「最初から自分で設定しないで困ったときのパソコンサポートに頼んでおけばよかった」と言ってもらってます。確かに、業者による設定マニュアルはあっても解読はややこしいです・・・。

自動売買をしてみたい方でお困りの方は、困ったときのパソコンサポートにご依頼ください。すぐ設定します。

セキュリティソフトの更新をしたい

使っているソフトのライセンス期限が切れそうなので、更新手続きをしてほしいという依頼がありました。

多くの場合、ソフトウェアの更新は簡単です。分かりやすくしないと更新してもらえませんからね。

ところが、一部のソフトは複雑で説明がよく分からず、更新したくなくなるようなものもよく見かけます。

次のような場合に困ってしまう方が多いようです。

  • 会員情報を忘れてしまった
  • 更新手続きの説明文が長い
  • 支払い方法がよく分からない
  • お金を支払う以外にも、更新作業が必要

セキュリティソフトで、初回の登録手続きも分かりにくいし、更新手続きも分かりにくいものがあります。大手他社製品と比較して随分安いのですが、少しでもトラブルが発生すると解決方法を見つけるのが非常に難しく、セキュリティソフトが稼働するために1時間以上かかるものもあります。折角安いソフトを購入したのに、設定費用が高くついてしまうこともあります。

セキュリティソフトはどの会社のものでは大して違いはないかもしれません。ご自分で設定できる場合は好きな製品を選べばいいと思いますが、自信がない場合は大手メーカー製品にしておくのが無難かなと思います。