Office付属の新品激安パソコン

パソコン初期設定の依頼がありました。

高価なセキュリティサービスに加入する特典として、お客様はノートパソコンをもらったとのこと。

初期設定とデータ移行をしたのですが、HDD搭載激安パソコンよりは速いけれど、これはちょっと・・・というものでした。

仕事で使えるパソコンをもらったとのことでしたが、箱の中を調べても、Officeのライセンスカードがどこにも見つかりません。

キングソフトのセキュリティソフト、永続ライセンスが付属しているみたいです。これ使うぐらいなら、インストールしないでWindows Defender使ったほうが私は安心です。

パソコンの電源を入れたところ、すでにユーザー名が登録済みでした。デスクトップには、Word, Excel, PowerPointのアイコンまであります。

プロダクトキーなしでMicrosoft Officeが付属することは、ありえないと思うのですが、製品名を見るとMicrosoft Office Professional Plusとなっています。

これってオークションやショッピングモール、個人売買でよく見かける、不正ライセンス製品と同じ名称です。

不正品かどうかは、Microsoftに聞かないと断定できないと思いますが、Officeのライセンス的にはダメではないかと・・。

Windows10のライセンス自体、本物か疑わしく思えます。

ちなみに、Amazonでは、このパソコンは堂々と販売されています。なぜかレビューも高評価。

CPUはCeleronですが、ギリギリありかな?という性能。第3世代のインテルCore CPUぐらいの性能でしょうか。SSD搭載ですが、転送速度はかなり遅め。ベンチマーク測定したわけではありませんが、SSD内部で10GB程度のデータコピーしましたが、かなり待たされました。

USB3.0も搭載しているようですが、USB2.0以下の速度しか出ませんでした。内蔵SSDが遅いのかもしれません。

Excelで簡単な書類作ったり、インターネット閲覧する程度であれば、古いパソコンと比べると速くなったと感じることができると思います。

キーボードは日本語かな表記はありますが、101英語キーボード配列でした。日本語キーボードだと「む」のキーは右端にあるはずですが、左上(Escの下)にありました。

「半角/全角」「変換」「無変換」「カタカナ/ひらがな/ローマ字」のボタンはもちろんありません。

日本語変換は「Alt」+「む」で切り替えることができました。

「Enter」キーが横長で縦に短く、押しにくいです。DELLのコンパクトノートパソコンもキーボードは使いにくいですが、それよりもっと使いにくいと思います。これ、15.6インチのテンキー付きパソコンなのに「Enter」やカーソルキーが使いにくいんです。テンキーもほかのキーと物理的に近いので、間違えやすいです。あまりテンキーの意味がありません。

外付けキーボード買いたくなります。

作業が終わったあと、古いパソコンのHDDをSSDに交換したほうが速くて使いやすくなるということに気付きました。

テレビ会議の設定をしてほしい

パソコンでテレビ会議をすることになり、その設定をしてほしいという相談がありました。ここで言うテレビ会議というのは、パソコンの画面を使ってのオンラインミーティングのことを指します。

ノートパソコンには、Webカメラが内蔵されていることが多いため、機器の追加購入など不要なことが多いです。

以前はZoomの設定をしてほしいという相談が多かったのですが、最近ではMicrosoft Teamsの設定をしてほしいという相談が増えています。

実際に会議をしてみると、カメラの角度が悪い、声が聞こえない、会議が途中で切れてしまう等、いろいろ問題は出てきます。

パソコンでテレビ会議の設定をするだけでなく、実際にお客様とインターネット経由で会議をしてみることまでやっています。それでも、初めての場合は本番の会議で緊張してうまくいかないこともあり、後日再び会議のテストをすることもよくあります。

テレビ会議のサポート、いろいろやっていますので、まずはお問い合わせください。

朝からインターネットできない

インターネットできないという問い合わせをいただきました。

よくあるお問い合わせですが、連休に入ってしまうと、回線業者やプロバイダーの対応に時間がかかり、連休明けまで対応できないということもあります。

急ぎ確認してほしいということで、対応してきました。

インターネットのトラブルでは、DNSサーバーがどうのこうのというエラーメッセージが出て何を確認していいか悩むことがあるかと思います。でも、DNSサーバーが停止していることが原因でインターネットできないというパターンはほぼないでしょう。

まずは機械の電源をON + OFFしてみることが大切です。インターネットトラブルの大半はこれで解決します。

インターネットできなくなった場合、パソコンやルーターなどのネットワーク機器の電源を一度切って確認してみてください。

ネットワークドライブが消えた

ネットワークドライブを割り当てていたのに、突然消えてしまったという相談をいただきました。

ノートパソコン4台、全て同じ設定で使っていたのに、そのうち1台だけネットワークドライブのアイコンが消えてしまったそうです。

使っているNASは、バッファロー製のもので、NAS Navigator2 を利用してネットワークドライブの割り当て設定を行いました。

念のため、再びアイコンが消えてしまった場合の復元操作手順についてもお知らせして今回の作業は完了です。

パソコンが起動しなくなったので買い換えたい

DellのLatitude3540の電源を教えても反応しないというお問い合わせをいただきました。古いパソコンなので、新しいのを手配してほしいとのこと。Windows7のまま使っていたため、そろそろ買い替えたいと思っていたところの故障だそうです。

訪問して念のため調査したところ、やはり故障しているようです。

データのバックアップを全くとっていないため、何とかデータ救出してほしいとのこと。

新しいパソコンの設定をしながら、データ救出を試みます。幸い、ハードディスクの損傷はないようで、データ救出に成功しました。

最近パソコンが壊れて新しく買い換えたいというお問い合わせをたくさんいただきます。今回のようにデータが救出できるとは限りませんので、普段からデータのバックアップをおすすめします。

ソフトバンク光につながらない

Softbank Airをやめて有線の光回線契約にしたところ、インターネットに接続できなくなったというお問い合わせをいただきました。

Softbank Airは、光回線をひかなくても、無線経由でインターネットができるサービスです。携帯電話の電波が届けば、どこでもすぐにインターネットがはじめられるというもの。

携帯電波の入りにくい家や集合住宅などでは、全く使い物にならない場合があります。今回はそのパターンのようで、部屋の中では携帯の電波を全くひろってくれないアパートでした。ドコモ回線でさえ、アンテナマークがほぼゼロ。

お客様がいろいろ試しても接続できず、ソフトバンクに問い合わせたところ、パソコンのLANドライバーに問題があるため、パソコンを初期化する必要があると言われたそうです。それで、初期化前に「困ったときのパソコンサポート」にご連絡いただきました。

ルーター、HUB、ONUの配線設定が間違っていました。正しく配線してWiFiルーターを設定したところ、問題なくインターネットできるようになりました。

無事解決!!

パソコンの初期化は最後の手段です。安易にやってはいけません。

無料での相談なら、サポートにかかる時間を考えるとそうなるのも仕方ないかもしれませんが、パソコンを初期化してしまったら元に戻すのはかなり困難になります。

今では少なくなってきましたが、Windows Liveメールを使っている場合にはメールデータが完全に消えます。マイクロソフトアカウントが不明な場合、Word、Excel、Outlook、Power Pointなどが使えなくなってしまうこともあります。ご自身で購入されたソフトも、別途インストールが必要になります。ライセンスキーがなかったり、インストールプログラムがない場合は、改めて購入する必要があります。

パソコンを初期化するにも、事前準備が必要です。それに、初期化しなくても解決できる場合もあります。困ったときは、お早めにご連絡くださいませ。

新しいパソコンの設定

パソコンの初期設定をしてほしいという依頼がありました。

WordやExcelで作ったファイル、写真、年賀状の住所録をコピーしてほしいとのこと。

OSの初期設定、各種ソフトのインストール、データ移行、メール設定、セキュリティソフト設定、プリンター設定、その他アプリケーション設定などはいつも通り。

今回は、画像編集ソフトのAdobe Photoshop Elementsを購入して設定しました。
代理購入をご希望されたため、Adobeから直接購入できません。
Amazonでダウンロードライセンス購入してからの設定となりました。

Amazonから購入しても、シリアル番号はすぐにはもらえません。
シリアル番号引換コードがもらえるだけです。
Amazonの商品説明画面にあるリンクから、このコードを使ってシリアル番号と引き換えます。
シリアル番号を手に入れてから、Photoshop Elementsの体験版を起動してライセンス登録という流れになります。
これが非常にややこしい・・・。

Amazonのライセンスコード表示画面に説明があればいいのですが、商品説明ページにしか説明がないのはちょっと分かりにくいかも。

無事、設定が終わり動作検証して終了です。

データコピーしてほしい

使っているパソコンのデータをコピーしてほしいという依頼がありました。
特別な設定は不要で、ただコピーするだけということでした。
データ容量は300GBあるとのことで、長時間作業になると想定して訪問しました。

内容を調査したところ、どうやら新しいパソコンを買ったので、そっちにデータを移行してほしいということでした。

パソコンを手配した会社が別にあり、そちらの担当者さんがファイルをコピーするだけで動くと言っていたそうですが、そんなことは絶対ありません!!

また、データ容量300GBというのは、パソコンの空き容量のことでした・・・。

パソコンを手配した会社さんは、お客様の会社のネットワークシステムを導入した時の会社さんだそうですが、営業専門の会社なのでしょうか。コンピューターのことを全然知らない会社さんなのでしょうね。

Microsoft Officeも入っていないパソコンで、念のためお客様がMicrosoft365ライセンスやOfficeパッケージ製品のライセンスを持ってないか調べましたが、やはりお持ちでなく、Officeも別途購入することになりました。

RAID搭載のNASも設置されていましたが、全くの未使用で何のために導入したのかさっぱり・・。

古いパソコンからデータのコピーをし、新しいパソコンにソフトインストールなどしていきます。ライセンスが分からなくなったものも一緒に調査しながら解決していきました。

古いパソコンがよくフリーズするため、データコピーや使っているソフトの確認に非常に時間がかかりましたが、無事当日中に作業を終えることができました。

Amazon Echoの設定

スマートスピーカーのAmazon Echoの設定をしてほしいという依頼がありました。

Amazon Echoは、WiFi接続で音楽のストリーミング再生でき、音声認識のAlexa機能の入ったスピーカーです。

説明書は入っているのですが、最初は英語のサイトが表示されてしまいました。
正しく設定できれば、日本のAmazonのサイトで初期設定できるはず。

初期設定は、Amazon Echoに直接ログインするのではなく、パソコンやスマートフォンをWiFiに接続してセットアップしていきます。無事設定が終われば、音声で音楽の再生・停止などできるようになります。

設定後の操作説明のほうに長い時間割くことになります。
Alexaには「スキル」というのがありますが、まずは音楽を聴くことに重点を置いて説明させていただきました。

メールのドメインを変更したい

プロバイダーのメールを使っているお客様から、メールのドメインを変更したいという相談がありました。

ドメイン変更は、契約状況によってできる場合とできない場合があります。

プロバイダーのメールの場合、ドメインの一部分のみ変更できる場合もあります。

ドメインを変更したいという場合でも、実際に訪問してお話を伺うと、全然違うことを相談されることがあります。

迷惑メールを何とかしてほしい
新しくメールアドレスを作成したい

ということのほうが多いように思えます。

迷惑メールと言っても、お客様ご自身で登録したメールマガジンからのメールや、過去にお買い物をしたショッピングサイトからのお知らせメールが大半を占めることが多いようです。

メール配信解除の手順は、
1.迷惑メールを選ぶ(削除して残ってないことが多いです・・)
2.会員サイトにログインするが、ログイン情報不明
3.パスワード再発行
4.会員サイトにログインして、メール配信設定解除

これをひたすら繰り返します。

これだけで、もう全然やり方が分からないというお客様も多数いらっしゃいます。

お客様に代わってメール配信停止手続きもしていますので、迷惑メールでお困りの方はご相談ください。