iPhoneの機種変更をしたい

4年間使ったiPhoneを機種変更するので、データ移行や各種設定をしてほしいという依頼がありました。

ソフトバンクのiPhone6からiPhone XS Maxへの機種変更です。

基本的には、データをパソコンにバックアップしてそこから復元という手順になるのですが、アプリによっては機種変更手続きが必要となるものもあります。また、電話会社ごとの設定は別途設定する必要があります。

スマートフォンのデータ移行は、簡単にできそうですが、実際はかなり面倒です。
移行するデータ量は比較的少なかったのですが、それでもお客様からの要望や相談など受けながら作業していたため、約4時間の作業となりました。

DNS設定をしてほしい

レンタルサーバーでドメイン契約しているお客様から、DNS設定をしてほしいという依頼がありました。

ドメインは、契約している会社によって設定できる箇所が変わってきます。
DNS設定を間違えるとメールの送受信やホームページの表示に問題が出ることもあるため、慎重に作業する必要があります。

今回は、サブドメインを用いた会員募集画面を作るため、DNSを設定したいとのことでした。さくらインターネットで契約したドメイン契約でしたが、ここは会員ログイン画面の入り口が複数あって混乱しやすいです。

設定自体はすぐ終わり、2時間程度で無事に設定が反映できました。

CADソフトの移行

お仕事で使っているパソコンから、CADソフト(図面作成ソフト)を移行してほしいという依頼がありました。

ソフトの移行といっても、作成したファイルのコピーはできても、インストールしたプログラムのコピーはできません。新しいパソコンに、別途CADソフトをインストールする必要があります。

CADソフトと言っても、いろんなソフトがあります。以前会社で配布されたものを、新しいパソコンでも使いたいという相談を受けることがありますが、ライセンスに注意する必要があります。それなら新しくソフトを買えばいいかと言うと、数十万円以上するものもあり、購入を断念されることが多いです。

今回は、2種類のCADフリーソフトを使いたいとのことでしたので、その場ですぐインストール・設定できました。

お客様からの要望通りだと、これで作業完了になるのですが、実際はまだ作業があります。CADで作成したデータの移行がまだなので、作成済みの図面データを移行前のパソコン内から探す必要があります。デスクトップやドキュメントフォルダに保存されている場合は分かりやすいのですが、Program FilesフォルダやCドライブ直下、Dドライブの中などに分散されていることもよくあるので、CADソフトの動作履歴を調べたり、お客様から何度もヒアリングして調査していく必要があります。

無事、全てのデータをコピーして新しいパソコンでもCADソフトが使い続けられるようになりました。

インターネットに接続できなくなった

今日の朝から、インターネットに接続できなくて困っているというお問い合わせがありました。

お客様がお使いの回線業者はドコモ光です。ドコモ光の場合、トラブル発生時にNTT東日本に電話することができないので、ドコモ光の担当者さんに調査してもらうことになります。

訪問して、問題を1つ1つ切り分けていきます。
光回線が大丈夫か。プロバイダーのトラブルはないか。配線状況はどうか。ネットワーク配線やネットワーク機器に問題はないか。パソコンに異常はないか。

今回は、パソコン側に問題があることが分かりました。

インターネット接続トラブルの多くは、比較的短時間で解決できるものが多いです。ドコモ光やパソコンメーカーに問い合わせると、なかなか電話がつながらなかったり、解決に時間がかかることもあります。急ぎの場合は、困ったときのパソコンサポートまでお問い合わせください。

バックアップ設定したい

仕事で使っているパソコンのデータバックアップをできるだけ簡単に実現したいという相談がありました。

いろいろなバックアップ方法がありますが、ファイル単位でのバックアップとパソコン全体のバックアップの2種類をしておくと安心です。

お客様は、ITベンダーさんから毎月15万円のバックアッププランを提案されたそうです。最低でも毎月4万円以上はかかるとのこと。
バックアップと言っても、1人か2人で仕事をしているお客様にとっては、毎月4万円はちょっと高いのではないでしょうか。

バックアップの効果、緊急時の復帰見込時間、日々の面倒さ、予算、対象パソコンの台数などお客さまと相談した上、どのようなバックアップ方法を採用するか決めていきました。

パソコンを新しく購入したい

8年程前に買ったパソコンが遅くなってきたため、新しくパソコンを購入したいという連絡がありました。機種選定から購入、初期設定、各種ソフトのインストール、データ移行など一通り対応してきました。

特に時間のかかる作業としては、Microsoftアカウントの登録、セキュリティソフトの登録、大量のデータコピー、リカバリーディスクの作成、Windows Update、メールの設定でしょうか。このうちリカバリーディスクの作成とWindows Updateについては「パソコンお任せパック」でご依頼された場合は事前に準備してからパソコンをお持ちしますので時間の短縮になります。

今回購入したパソコンは一体型のデスクトップパソコンです。国内大手メーカーで一体型パソコンを出しているのは富士通のNECの2社だけになりました。DellやHPの場合はDVDドライブを内蔵していないようで、少し値段が高くても国内メーカーパソコンのような内蔵型のほうがお客様には好まれるようです。

今一番のおすすめは、富士通のカスタマイズパソコンになります。理由は、SSDが選択できるから。SSDかHDDかで体感速度が全然違ってきます。SSD搭載モデルが選択できるようになれば、NECが1番のおすすめになるかもしれません。HDD搭載モデルを買って、SSD換装という手段もありますが、せっかくメーカー3年保証付いてくるのだから余計なことはしないほうがいいと思います。

カスタマイズパソコンでは、CPUやメモリ、HDD、SSD、ブルーレイの有無、テレビの有無、Officeの有無などが選択できます。Officeの有無を選べるのは、Office365 Soloを検討されている方には嬉しいですね。OfficeのPremium(個人版)を選択できないのはちょっと残念です。

電気量販店で時々見かける、一体型パソコンでのCeleronモデルは、特別な理由がない限りおすすめできません。Core i5かi7がおすすめです。

導入したのは、Core i7 7700HQ、メモリ8GB、SSD搭載モデルなので、一体型デスクトップパソコンの中ではめちゃくちゃ速いパソコンとなります。SSDはSATA接続ですが、現時点では十分でしょう。

どんなパソコンを買ったらいいかよく分からない方、困ったときのパソコンサポートまでご連絡いただければ機種選定や導入までまとめて対応いたしますので、お問い合わせしてみてください。

引越し後インターネットできない

引っ越しに合わせて、パソコン設定など手伝ってほしいというご依頼がありましたので、行ってきました。

今回のお客さまは、NTTの光回線をずっと契約されている方で、NTT東日本からは、NTTのルーターをそのまま持って行って壁に光ケーブルを差し込めばすぐ使えると言われていたそうです。

ところが、実際に光ケーブルを接続しても光信号が届いていないことが分かりました。もちろん、電話もできません。壁の情報コンセント(プラグ)にはKDDIのシールが貼ってあるのも怪しいです・・。NTT東日本のサポート窓口に確認して、KDDIのシールが貼ってあることを伝えても「使えるはず」との一点張り。故障窓口に案内してもらい調査したところケーブル断線やマンション内の機器故障ではないかと言われました。何とかお願いしてその日のうちに訪問してもらったところ、前の住居者がKDDIの光回線を使っていたのが原因で、NTT東日本の光回線は壁の中でまとめられていました・・・。これでは、使えるはずありませんね・・。

NTT東日本の担当者さんも想定していなかったようで、1時間ほど工事して光回線の疎通確認が取れました。

作業料金負担は新しく住居人となったお客様です。家主さんには現状回復をしっかりしていただきたいですね。

いろいろありましたが、無事にインターネット、WiFi設定、複合機設定など完了できました。NTT東日本の工事担当者さんが当日中に動いてくれて本当に助かりました。(当初は翌日以降の対応と言われましたが、何とか調整していただきました。)

セキュリティ設定をしてほしい

パソコンのセキュリティ設定をしてほしいという依頼がありました。

どうやら、今まで使っているセキュリティソフトが、ケーブルテレビを解約して使えなくなってしまっていたようです。
新しくセキュリティソフトをインストールするには、古いセキュリティソフトを削除する必要があります。
通常、新しいソフトのインストール時に、古いものを検出して自動削除してくれるのですが、稀に自動削除機能が働かないことがあるようです。

セキュリティソフトのインストールと同時に、OSのセキュリティ設定、各種ソフトウェアのアップデートもチェックします。
OSやソフトウェアに問題があっては、どんなにセキュリティソフトを最新状態にしても効果がなくなります。

今回は、セキュリティ設定と合わせて、スマホアプリのインストール・会員登録のお手伝いなど一緒にしました。

IP電話の設定をしてほしい

業務用のIP電話を契約したけれど、どの業者に依頼しても設定できくて困っていると相談がありました。

お客様が利用するIP電話は、OCNが提供するサービスのようですが、OCNからのサポート担当者もお手上げとのこと。
専門業者に依頼しても設定できない理由が理解できないのですが・・。
OCNが設定業者を紹介していないのですかね。

訪問してお客様のネットワーク環境を調査したところ、問題が多数見つかりました。

  • LANケーブルの配線がループしている
  • ルーターのファイアウォール機能によってSIPサーバーへの通信が遮断されている
  • 家庭用の高性能WiFiルーターで二重ルーター構成になっている
  • その二重ルーターの下にPanasonic製IP電話機が設置されているため、SIPサーバーへの通信が遮断される(ルーターの問題?IP電話機の制約?)
  • IP電話契約のID/PASSをお客様は知らなかった(管理画面の情報しか持っていませんでした)

後日分かったのですが、二重ルーターに使っていたバッファロー製の高性能家庭用WiFiルーターをアクセスポイントモードで動作させると、DHCP機能が正常動作しない不具合も見つかりました。
修理に出すのは時間がかかり過ぎるので、別途WiFiルーターを購入することに・・・。

ここまでトラブルが複雑に絡み合うのは珍しいです。
他のどの業者でも対応できなかったということに納得です。

無事IP電話が使えるようになり、お客様には大変喜んでいただけました。

Amazonで配達先変更したい

Amazonで配達先の変更をしたいというお問合せをいただきました。

このような場合、まずはお客様からAmazonに問い合わせてもらいます。
お客様がAmazonに問い合わせしたのですが、Amazonでは対応できなかったという返事がありました。

とにかくお金を払うから手伝ってほしいとのことでしたので、急ぎ訪問しました。

お客さまが使うパソコンをよく見たところ、iPad Proにキーボードを付けているようです。

まずは注文状況の確認から。
どうやら、お買い物カゴに入った状態でまだ購入手続きが済んでいない模様。
ログイン中のアカウントが、お客様本人ではなく息子さんのアカウントになっています。

いろいろ調査したところ、次のことが分かりました。

お客様が注文に使ったブラウザは、Googleアプリ。
普段使っているブラウザはSafari。

Safariでは、Amazonへのログイン状態が保持されていましたので、Safariをで買い物しなおすことで無事解決。
念のため、Googleアプリで息子さんのアカウントで購入していないかのチェックもしました。