USBメモリが文字化け

64GBのUSBメモリを使っているお客様から、USBメモリの中が文字化けしたという連絡がありました。

ファイル名やドライブ名が文字化けし、ファイル構造も崩れて一部フォルダしか表示できない状態です。
どうやらUSBメモリの故障が原因のようです。

データ復旧といきたいところですが、ハードディスクと違い、USBメモリのデータ復旧は困難なことが多いです。
成功率もハードディスクほど高くはありません。

私の経験では、USBメモリは簡単に故障します。
一時的なデータの受け渡しには便利ですが、長期保存するなら外付けハードディスクのほうが安全だと思います。
外付けハードディスクも、ちょっと物をぶつけてしまったり、倒してしまっただけで故障することがあるため、非常に不安ですがUSBメモリよりはトラブルが少ないです。

いずれにせよ、データを保存するなら最低2箇所(例えばパソコンとUSBメモリ)に保存しておけば安心です。
火事や地震のリスクを考慮するなら、クラウドサービスを利用することをおすすめします。

Google DriveやMicrosoft OneDriveが使いやすいと思いますが、お仕事のデータを保管するのであれば法人向けのG Suite(Googleの法人向けサービス)やOneDrive for Business(Office365法人向けサービス)がおすすめです。
また、この場合でもできればパソコンとクラウド、外付けハードディスクとクラウドなど、2箇所以上にデータ保存しておくのがいいと思います。

壊れた外付けハードディスクのデータ救出

壊れてしまって長い間使っていない外付けハードディスクから、データを取り出してほしいという依頼がありました。

中に入っているデータ保存部分は無事で、電源部分だけが故障していたようです。
今回は、全データを無事救出することができました!!

中に入っていたデータは全部で約60GB。お客様の使うパソコンはUSB3.0に対応していないため、データコピーは非常に時間がかかります・・・。外付けハードディスクを用意して、そちらにデータ救出することとなりました。

昔の写真などが多数あり、大変喜んでいただけました。

昨日からインターネットにつながらなくなった

突然インターネットにつながらなくなったというお問い合わせをいただきました。

ソフトバンク光をご利用中のお客様で、ソフトバンクに問い合わせても全然改善されなかったようです。

まずはNTTのルーターのランプを確認したり、配線確認をしていきます。
お客様がどのような操作をされたか思い出してもらうのですが、これが意外と難しい。

いろいろ調査した結果、今回はNTTのルーターが故障していることが分かりました。
ルーターを初期化しても2回に1回しか正常起動せず、DHCPサーバ機能も半分壊れているという状況。
しかもよくフリーズします・・・。

ルーターの交換が必要ですが、何とかインターネット接続をしたいとのことでしたので、いろんな手順を試して一時的に正常動作する
パターンを見つけることができたのでそれをお客様にお伝えして作業終了となりました。

「24時間すぐに駆けつけます」という業者のどこに電話してもどこも対応してくれなかったそうで、お客さまには大変喜んでいただけました。

悪質データ復旧会社

壊れたパソコンからデータ復旧してくれるという業者はたくさんあります。

中には、悪質なところもあるようです。

仕事がら、多くのデータ復旧業者さんとお取引させていただいたことがありますが、中にはヤルヤル詐欺みたいな会社も存在します。

今回お客様がトラブルにあったのは、AOSのデータ復旧会社さんです。
AOSといえば有名なデータ復旧ソフトを販売している会社であり、バッファロー社と業務提携しているそうで、信頼できそうに思えます。

他の会社でデータ復旧を試みた結果、対応不可との判断が出たのですが、このような状況でも対応できる会社を探していたところ、data119.jpというAOSグループの会社を見つけたようです。

最初の復旧業者さんからは、ハードディスクに深い傷があって研磨作業をしても読み取りできなかったという回答をいただいたため、そのままdata119に相談したところ、そのような場合でも対応できる場合があるとのことでHDDを送りました。ところが、hDDが到着して調査開始した翌日には「傷があるため復旧不可」という意味不明な連絡がありました。

作業期間と復旧不可の理由から想像すると、目視だけでデータ復旧を諦めたのではないでしょうか?
深い傷があることは事前に伝えてあったはずなのに、とにかくHDDを送ってほしいと。
もちろん、往復送料はお客様負担です。

たまたま、営業担当者さんの説明に問題があっただけかもしれませんが、このような対応をされてしまうと、今後2度とお付き合いしたくなくなりますよね。

困サポでは、他の業者がなかなかやっていない、その場ですぐデータ復旧するサービスをやっています。
重度の障害であれば信頼できる提携業者に依頼します。

変な会社の営業トークにひっかからないようお気をつけください。

外付けハードディスクが壊れた

お仕事でデータ保管用に使っている、大容量外付けハードディスクが壊れたという相談がありました。

調査した結果、データ読み取りできなくなっているが、データの大部分は救出できる可能性が高いことが分かりました。
長時間作業になるため、お預かり作業とさせていただきました。

データは6時間で無事救出でき、入っていたデータの大部分は復元できました。

お仕事のデータだけでなく、プライベートの写真や動画も多数入っていたため、大変喜んでいただけました。

データのバックアップは、複数箇所にしてください。
ハードディスクだけ、USBメモリだけ、スマホだけという方が非常に多いです。
お客様ごとに必要な機械や利用サービスも違ってきます。それぞれ用途や目的に合わせてご提案して設定します。

時間がたつとパソコンがフリーズする

パソコンを使っていて、長時間するとフリーズするというお問い合わせをいただきました。

訪問して確認したところ、どうやらスリープ状態からの復帰ができないということがわかりました。

スリープ状態になってパソコンがフリーズしたのではなく、機械に問題がありそうな動作をしていました。
ハードディスクの故障チェックをしましたが、特に問題ありません。

機械の故障、OSのデータ損傷どちらかの可能性がありますが、どちらも確認には非常に時間がかかります。
お客様と相談し、スリープ状態にならないようパソコンの設定を変更することで対応させていただきました。

ブルースクリーンが何度も出る

パソコンを使っていて、ブルースクリーンが何度も出るようになったというお問い合わせをいただきました。

お客様の推測では、あるソフトをインストールしてから症状が出たとのことで、ソフトを完全に削除してほしいとのことでした。

訪問して調査したところ、どうやらソフトの起動と関係なくブルースクリーンが出ることが分かりました。
パソコンの電源を入れて5分以内に必ずブルースクリーンが出るという状況です・・・。

ハードディスクやメモリのチェック簡易診断をしても問題は見付かりません。

念のためバックアップを作成してから初期化を試みました。
結果、初期化途中でエラーが発生し、再起動を繰り返す状態となりました。

緊急でできる対応はここまでとなります。
お客さまは急ぎパソコンを使いたいとのことで、別のパソコンを購入することとなりました。

壊れたパソコンですが、メーカーのacerに問い合わせしたところ、故障と判断され、無償修理をお願いすることとなりました。

お客様は予備のパソコンを持っていなかったのですが、仕事用のパソコンは予備が必要です。
できれば同型機種、金銭面で難しければ格安ノートパソコンでも構いません。

データのバックアップだけでなく、機械のバックアップも大切です。
これから準備したいけれど、何から始めていいか分からないなどお困りでしたら、困サポまでご連絡ください。

外付けハードディスクに書き込みできない

外付けハードディスクにデータをコピーしようとしたところ、エラーが発生して書き込みできないというお問い合わせをいただきました。

お客様が使っているのは一体型デスクトップパソコン、富士通のESPRIMOシリーズです。
Windows8.1モデルとなっています。

今回のトラブルの原因は、USBハブにあるようです。
USBハブを2つ利用しているようで、1つは電源なしのタイプ。
もう1つは電源付きですが、なんと10ポート以上もあるタイプです。

時々、USBハブでトラブルが発生しているようで、DVDの書き込みにも失敗していたようです。
いつもトラブルが発生するわけではないのですが、どうも動作が不安定なようです。

USB機器の中には、USBケーブルの長さ制限があったり、USBハブを使用すると動作保証しないと記載されていることもあります。

今回のお客様は、外付けハードディスクの調子が悪くなったかと思い、もう1台購入されていました。
結局、2台ともエラーが発生して書き込みできずに困サポに連絡いただきました。

少しでも気になることがあれば、お電話ください。

ログイン画面が真っ暗になる

パソコンの電源は入るけれど、ログイン画面が表示されずに真っ暗になるというお問い合わせをいただきました。

お客様が他社で診断してもらったところ、故障と診断されたそうです。
困サポの対応事例では、その場で復旧する可能性が十分ありましたので復旧対応させていただきました。

ハードディスクやメモリの故障だけでなく、ソフトの問題などいろいろ考えられます。

ここ数日どのようなことがあったのか、普段どのような作業をしているかお客さまからヒアリングし、原因になりそうなものをしぼりこんでいきます。

結果として、ビデオカードの接触不良が原因だと分かりました。

お客様は、パソコンを1週間引越し業者の倉庫に預けていたそうです。
また、引越し業者に預ける前にパソコンの中をあけてご自身で掃除をしていたそうです。

これらの事象から、機械の接触不良が起こった可能性が出てきます。
なかでも、ビデオカードが一番外れやすい部品になりますので、ビデオカードをしっかりつけて確認しました。
もともとサイズが合わないようで、少しきつめに押しながらネジ止めする必要がありました。

何度かビデオカードの抜き差しをしたところ、無事にパソコンが起動しました。
しっかりとネジ止めし、何度か再起動を繰り返して問題が再発しないことを確認しました。

お客さまには大変喜んでいただけました。

ポータブルHDDから変な音がする

ポータブルハードディスク(HDD)から変な音がするという連絡がありました。

調査したところ、ハードディスクが故障していることが分かりました。
通電したりしなかったりという状況です。

このような症状の場合、データ救出には時間がかかります。
入っているデータはどのようなものか、どの程度のデータ量が入っているか、他にバックアップしていないかなどお客様に確認していきます。

預かり修理での対応が可能かどうか、金額と日数をお客様と相談して決めます。
デジカメのデータや会社の経理情報が入っている場合、時間がかかってでもデータ救出したいというお客様は多数いらっしゃいます。その場ですぐ対応できるものもあれば、預かり修理となる場合もあります。

インターネットでデータ救出率が96パーセント以上とか宣伝している会社がありますが、私がお客様に代わって救出代行手続きさせてもらったところ、救出率は限りなく低いというのが本当のところ。

困サポでは、その場ですぐデータ復旧することを目指しています。
お客様の目の前で作業するため、データ流出を心配される企業のお客様にとっては特に好評です。