FAXが反応しない

FAX付き複合機(コピー、スキャナー、FAXが使えるプリンター)で、回線接続エラーが出るようになってしまったとのこと。

以前はFAXが使えていたのに、ある時から回線接続エラーが表示され、FAX受信ができなくなっていたそうです。

電源のON/OFFはしたけれど、配線の抜き差しなどしていないそうです。

お使いの複合機は、ブラザーの MFC-J6973CDW です。再起動をしたり、配線の再接続をしても変化はありません。NTTのルーター設定や、他に接続されている電話機の設定や接続をやり直したところ、無事解決しました。

お客様がお使いの電話機は、子機は使えるのですが親機が故障しているようで、親機での発着信はできないようです。もしかすると、この電話機が原因でMFC-J6973CDWが誤作動を起こしたのかもしれませんが、はっきりとしたことは分かりませんでした。


インターネットに接続できなくなった

今日の朝から、インターネットに接続できなくて困っているというお問い合わせがありました。

お客様がお使いの回線業者はドコモ光です。ドコモ光の場合、トラブル発生時にNTT東日本に電話することができないので、ドコモ光の担当者さんに調査してもらうことになります。

訪問して、問題を1つ1つ切り分けていきます。
光回線が大丈夫か。プロバイダーのトラブルはないか。配線状況はどうか。ネットワーク配線やネットワーク機器に問題はないか。パソコンに異常はないか。

今回は、パソコン側に問題があることが分かりました。

インターネット接続トラブルの多くは、比較的短時間で解決できるものが多いです。ドコモ光やパソコンメーカーに問い合わせると、なかなか電話がつながらなかったり、解決に時間がかかることもあります。急ぎの場合は、困ったときのパソコンサポートまでお問い合わせください。

パソコンを速くしたい

最近パソコンが極端に遅くなったという相談がありました。

確かに、パソコンスペックの割にはものすごく遅いパソコンでした。使っているソフトやWindows Upadateの状態など調べても、特に問題はないようで、ハードディスクのデータ転送速度が極端に遅くなっているようでした。

パフォーマンスチューニングはいろいろ方法はあるのですが、今回の場合は長時間の調査やメンテナンスが必要になり、それよりもハードディスクをSSDに交換したほうがよさそうです。

お客さまと相談し、SSDに交換することとなりました。
SSDにした場合、パソコン購入時よりも速くなる場合が多いです。今回も圧倒的に速くなり、お客さまもびっくりしていました。

最近パソコンが遅くなってきたという方、パフォーマンスチューニングするよりもSSDへの交換をおすすめします。

引越し後インターネットできない

引っ越しに合わせて、パソコン設定など手伝ってほしいというご依頼がありましたので、行ってきました。

今回のお客さまは、NTTの光回線をずっと契約されている方で、NTT東日本からは、NTTのルーターをそのまま持って行って壁に光ケーブルを差し込めばすぐ使えると言われていたそうです。

ところが、実際に光ケーブルを接続しても光信号が届いていないことが分かりました。もちろん、電話もできません。壁の情報コンセント(プラグ)にはKDDIのシールが貼ってあるのも怪しいです・・。NTT東日本のサポート窓口に確認して、KDDIのシールが貼ってあることを伝えても「使えるはず」との一点張り。故障窓口に案内してもらい調査したところケーブル断線やマンション内の機器故障ではないかと言われました。何とかお願いしてその日のうちに訪問してもらったところ、前の住居者がKDDIの光回線を使っていたのが原因で、NTT東日本の光回線は壁の中でまとめられていました・・・。これでは、使えるはずありませんね・・。

NTT東日本の担当者さんも想定していなかったようで、1時間ほど工事して光回線の疎通確認が取れました。

作業料金負担は新しく住居人となったお客様です。家主さんには現状回復をしっかりしていただきたいですね。

いろいろありましたが、無事にインターネット、WiFi設定、複合機設定など完了できました。NTT東日本の工事担当者さんが当日中に動いてくれて本当に助かりました。(当初は翌日以降の対応と言われましたが、何とか調整していただきました。)

修復が完了しない

パソコンの電源を入れても修復中画面になってしまい、Windows10が起動しないという相談がありました。

調査したところ、ハードディスク故障ということが分かりました。
ハードディスクは壊れていましたが、データの一部は救出可能ということが分かり、データ救出することになりました。

Word, Excelファイル、写真、ゲームの設定ファイル、セーブデータを救出しました。
ハードディスクは故障していましたが、データ読み取り速度は問題なかったため、1時間程度で作業完了!

SSDに交換

DELLのデスクトップパソコンをお使いのお客様から、Excelが何度も止まって仕事にならないという相談がありました。

症状から、原因はExcelではなくパソコンの動作が不安定になっているということが分かりました。

不要な常駐プログラム、不要なサービスなど全てチェックしましたが、改善されません。
ハードディスクやメモリのエラーも特にありません。

さらに調査したところ、ハードディスクの転送速度が極端に遅くなっていることが分かりました。

パソコンの買い替えも選択肢に入ってきますが、使っている業務ソフトの買いなおしが必要になるようで、その費用が100万円以上もするそうです。
そのため、できるだけパソコンを修理して使いたいとのこと。

パソコンの買い替えではなく、ハードディスクをSSDに交換することになりました。

データを無事に移行し、電源投入したところ、めちゃくちゃ速くなりました。
パソコンを買った時よりも速くてお客様にも大変喜んでいただけました。

遅くなったパソコンは、ハードディスクを交換することで使い続けることもできます。
SSDへの交換も検討してみてはいかがでしょうか。

パソコンが起動しない

デスクトップパソコンをお使いのお客様から、パソコンが起動しなくなったと相談がありました。

調査したところ、ハードディスクが故障していることが分かりました。
データ救出は何とかできそうですが、時間と予算の関係で今回はデータ救出をしないことになりました。

HDD 1TBのパソコンでしたが、これを機にSSD 500GB+ HDD 2TB の構成に変更しました。
Dellのリカバリーディスクからの復元ですが、1TB以上のモデルにしか復元できないというエラーが出たため、
1度2TBのHDDにWindows8をインストールし、そこからSSDにコピーするという手順となりました。

Windows8 -> Windows8.1
Windows8.1 -> Windows10
という手順で更新していきます。
Windows8から8.1への切り替えが10時間以上もかかりました・・・。
マイクロソフトのサーバー側に問題があるという報告もいくつか聞きますが、Windows8から10に直接インストールする方法も提供してほしいものです。

無事にWindows10のインストールが完了し、各種ソフトウェアやデバイスドライバの設定などもしてお客さまに届けました。
SATA3(6Gbps)に対応したマザーボードだったため、SSDが非常に速く感じられます。
お客さまも、パソコンの速度に大変驚かれていました。

IP電話の設定をしてほしい

業務用のIP電話を契約したけれど、どの業者に依頼しても設定できくて困っていると相談がありました。

お客様が利用するIP電話は、OCNが提供するサービスのようですが、OCNからのサポート担当者もお手上げとのこと。
専門業者に依頼しても設定できない理由が理解できないのですが・・。
OCNが設定業者を紹介していないのですかね。

訪問してお客様のネットワーク環境を調査したところ、問題が多数見つかりました。

  • LANケーブルの配線がループしている
  • ルーターのファイアウォール機能によってSIPサーバーへの通信が遮断されている
  • 家庭用の高性能WiFiルーターで二重ルーター構成になっている
  • その二重ルーターの下にPanasonic製IP電話機が設置されているため、SIPサーバーへの通信が遮断される(ルーターの問題?IP電話機の制約?)
  • IP電話契約のID/PASSをお客様は知らなかった(管理画面の情報しか持っていませんでした)

後日分かったのですが、二重ルーターに使っていたバッファロー製の高性能家庭用WiFiルーターをアクセスポイントモードで動作させると、DHCP機能が正常動作しない不具合も見つかりました。
修理に出すのは時間がかかり過ぎるので、別途WiFiルーターを購入することに・・・。

ここまでトラブルが複雑に絡み合うのは珍しいです。
他のどの業者でも対応できなかったということに納得です。

無事IP電話が使えるようになり、お客様には大変喜んでいただけました。

自動修復でも起動しない

パソコンが使えなくなったというお問合せをいただきました。

自動修復画面で何時間待っても変化がなく、電源ON/OFFをしても起動しないとのこと。

調査したところ、ハードディスクの中度故障のようでした。
通常のデータ復旧方法では、データ復元できませんが、特殊な方法を使うことでピンポイントでデータを取り出すことに成功しました。

破損状態がひどく、ファイルシステムが破損しているという状況。
ところどころ破損しているため、1つ1つファイルを絞って救出していく必要がありました。

どうしても救出したい会計データの抽出には成功しました。

今回故障したパソコンは、買ってからまだ2年もたっていない、東芝ノート最上位モデルのものでした。
修理しようか、新しく買おうか、悩むところですね。

パソコンを倒してしまい、起動しなくなった

デスクトップパソコンを倒してしまい、電源ボタンを押しても起動しなくなったというお問合せをいただきました。

訪問して簡易診断したところ、どうやらデータは無事な可能性が高いことが分かりました。
部品の接触不良の可能性があるので、ケーブル類やメモリを一度外してもう一度接続させました。
念のため放電処理もしました。

結果、無事パソコンを起動させることに成功しました。
故障チェックもしましたが、特に問題ないようです。

お客様のパソコンをチェックしたところ、セキュリティソフトが正常動作していないことも分かりました。
セキュリティソフトの問題については、契約確認が必要だったため後日対応することになりました。

お客様には大変喜んでいただけました。