メールがすぐにいっぱいになる

ある会社様から、メールがすぐにいっぱいになって受信できなくなるという相談がありました。

さくらインターネットでレンタルサーバーを契約していて、一番安いプランでメールを利用していました。容量がいっぱいになるのは2種類あり、契約しているサーバー全体のデータ使用量がオーバーした場合と、ユーザー(メールアドレス)ごとに設定されたメールデータ使用量がオーバーした場合です。

今回は、ユーザーごとのメールデータ容量もギリギリの状態で、サーバー全体の使用量もほぼ100%という状況でした。

ユーザーごとのメールを減らすことで緊急対応をしました。POPやIMAP接続によってメール容量を減らす方法が変わってきます。

ユーザーによっては、メールデータ使用量が少なすぎることもあります。
この場合、サーバーコントロールパネルという管理画面でメールボックスの容量を拡大できます。

あまり拡大しすぎると、サーバー全体の容量を圧迫しがちですので、気を付けてください。

ブログ投稿ページが表示されない

中国にあるブログサービスを利用しているお客様から連絡がありました。昨晩からブログ投稿ページが表示できなくなったので診てほしいという内容でした。

お客様のパソコンで問題のサイトに接続したところ、ネットワークエラーが表示されました。グループの他のサイトは表示できます。調査の結果、サーバーまたはネットワーク障害が発生していることが分かりました。

中国のお知り合いの方に頼んで画面を見てもらうと、そちらからは閲覧できるそうです。

日本から接続するとネットワークエラーになり表示されません。
こういう時は待つしかありません・・。

昨晩から調子が悪かったようですが、ちょうど私が調査している時に復旧したようで、アクセスできるようになりました。私のパソコンでは表示できるようになったのですが、お客様のパソコンではセキュリティ警告エラーが出ます・・。

どうやら、特定サイトのcookieを禁止するという設定がブラウザーにあり、お客様のブログサイトのcookieを禁止していたようです。この設定を解除することで、無事閲覧可能な状態になりました。

ブラウザーやエラーメッセージなどが中国語のため、トラブルの調査や設定変更が非常に時間がかかりました・・・。お客様に通訳してもらえればいいのですが、コンピューターに詳しくないとのことでなかなか通訳してもらうこともできない状況でした。

無事に画面表示できるようになり、喜んでいただけました。

ケーブルテレビの線が外れない

CATVのJ-COMを契約されていたお客様から、今すぐ助けてほしいという依頼がありました。

今回は、パソコンやネットワークの設定ではありません。
引っ越しのため、J-COMにモデムを返却する必要があるけれど、そのモデムが壁から外れなくて困っているということでした。

J-COMに相談すればいいような内容ですが、営業時間が終了してしまい相談することができなかったそうです。引っ越しも翌日に控えていたそうで、もうどこにも頼ることができなくて本当に困っていたそうです。

同軸ケーブルを壁から外すだけの作業なので、工具があればすぐできます。
今回は、同軸ケーブルがしっかりと固定されていたため、簡単には外すことができなかったようです。

訪問してすぐモデムを外すことができ、お客様に喜んでいただけました。

注文していないのに楽天からメールが届いた

覚えのない、テレビの注文確認メールが届いたというお問合せをいただきました。

このような場合、まずはこのメールが偽物かどうか判断する必要があります。
本物のメールであれば、メール本文に従ってショップに問い合わせし、注文していないのでキャンセルしたいと伝えることになると思います。
ところが、偽物のメールであれば、本文の連絡先をクリックしてはいけません。

本文の日本語が不自然かどうか、書いてある内容が一方的かどうかで、
リンク先URLを調べれば本物かどうか分かるのですが、間違えてクリックすると危険ですので、自信がない場合は困サポにご依頼ください。

レポート作成

病院の先生で、資格取得のためにレポートをまとめたいので手伝ってほしいという依頼がありました。

2000文字程度のレポートを2つ提出するのですが、対応事例など頭の中に入っていても、指示されたレポート形式に従ってまとめるのは結構面倒です。
固有名詞や個人情報が分からないようにする必要もあります。
また、西暦表記だけでなく、和暦表記などもあるため、基準年から何年前というふうにデータ変換していく必要もあります。

20世紀のことは和暦表示で、21世紀のことは西暦表示になっていることも多く、ややこしいです・・・。

1日1レポートを仕上げることとし、2日に分けて対応してきました。

完成後、これでやっと安心して眠れるとお客様は言っていました。
大変喜んでいただけました。

アダルトサイトに会員登録されてしまった

会員登録した覚えがないのに、画面に警告文が出てきてしまったというお問合せがありました。

話を聞いたところ、明らかに悪質なサイトで勝手にお金を請求してくるというものでした。

電話をしたかどうか
メールで問い合わせしたのか
住所を伝えたか
クレジットカード番号を教えたか
支払いはしたかどうか

など確認していきます。
どこまで相手に情報を渡したかによって対応も変わってきます。

パソコンの中にウイルスのようなソフトが入っていないかチェックしましたが、幸い今回は無事のようでした。

セキュリティソフトを入れておくのは当然の対応ですが、それだけでは万全ではありません。
詐欺の手口は非常に巧妙です。

とにかく、悩んだときは怪しい業者に連絡しないようにしてください。

困ったときのパソコンサポートでは、不正請求画面が出てしまった場合の対応もしていますので、まずはお電話ください。

あなたのApp Storeはロックされます。

ここ最近、このようなメールを受け取ったという相談が増えています。

今回は、App StoreからのメールとNortonからのメールが両方届いたので、どれを信用していいか分からないので調べてほしいというご依頼でした。

結果、App Storeからのメールは偽物でNortonからのメールは本物でした。

何人かのお客様のメールを確認したのですが、App Storeから届いたメールはいずれも偽物だということが分かりました。

メールの差出人アドレスで判別できると考える方もいらっしゃいますが、差出人情報は簡単に偽装できますので、そこだけで本物かどうか判別することはできません。

日本語の文面が明らかにおかしい内容だと気付ければいいのですが、焦っている時は正しく判断できないこともよくあります。
間違ってメール本文のリンクをクリックしてしまうお客様もいらっしゃいますが、クリックしただけでリスクがありますので、本物かどうか判別がつかない時はクリックしないようにしてください。

絶対に偽物だと分かる場合はいいのですが、自信がない場合は困サポまでお問合せください。

特定のサイトが表示できない

インターネットで特定のページだけがここ数日、閲覧できなくなったというお問い合わせをいただきました。

同じインターネットのサイトを複数のパソコンでチェックしましたが、自分のパソコンでは再現しません。
ブラウザでは表示できないけれど、ネットワークのデータ通信のやりとりは問題なくできていることが分かりました。

どうやら、お客様の会社のネットワークからアクセスした場合だけ、サイトの閲覧制限されているようです。
こちらのサイトですが、アクセス制限をかけていることがホームページに記載されていましたので、間違いないようです。

アクセス制限がかかった場合に、アクセス制限していると分かる画面遷移してくれればいいのですが・・・。

お客様には、現状の説明と緊急回避策、今後の対策方法などをお伝えしました。

パソコンから突然音が出るようになった

パソコンでマウスを操作すると人の声がするようになった

という恐ろしいお問い合わせをいただきました。
調査したところ、Windowsのナレーター機能が有効になってしまっていたようです。

このナレーター機能ですが、使わない人にとっては、とにかくうるさく感じます。

お客様は謝ってキーボードショートカット機能からナレーター機能を呼び出してしまったようです。
キーボードショートカット機能を無効に設定し、次回から簡単にはナレーター機能が有効にならないよう設定しておきました。

消えない支払い画面

インターネット中に、突然パソコンの調子が悪いという警告画面が出て消すことができない
というお問い合わせがありました。

どうやら悪質なソフトがパソコンにインストールされってしまったようです。
感染してすぐだったため、すぐに駆除することができました。

警告画面には連絡先電話番号が出ていましたが、決して電話してはいけません。
もちろん、メールで問い合わせることもしてはいけません。

対応に困ったときは、まずお電話ください。