Windows7にサービスパックを入れてほしい

古いノートパソコンを使っているお客様から、Windows7のSP1(サービスパック1)をインストールしてほしいという依頼がありました。

普段使っているデスクトップパソコンが故障したので、急ぎノートパソコンを使いたいそうです。ところが、ノートパソコンはWindows7です。サービスパックの入っていないパソコンで、Internet Explorerのバージョン9が入っていました。インターネットのサイトを見ようとしてもエラーばかり出て困っているので、サービスパックを入れてほしいということでした。

「サービスパック1」をインストールしても、その後にWindows Updateでの更新プログラムはものすごくたくさんあるため、そのままでは決して安心して使えるものではありません。何かソフトを動かそうとした時に、更新プログラムが入っていないために動作しない、インストールできないなどの問題が出る可能性があります。

お客様と相談の上、「サービスパック1」のインストールだけでなく、その他Windwos Updateも最新状態にすることとなりました。

もともとWindows Updateの不具合が発生していたパソコンのようで、サービスパック1をインストールしても、Windows Updateは動作しませんでした・・・。

次にWindows Updateを動作するよう修正しましたが、その次はWindows Updateプログラムからもエラーが発生です。エラーコードが出るだけ解決の糸口があります。

こちらの問題は、いくつかの更新プログラムを手動でインストールすることで解決できました。

ここからやっと、約200個の更新プログラムをダウンロード+インストールしてくれるようになりました。今回の作業はちょうど5時間でした。使っているパソコンの状態が非常に良かったので5時間で作業完了できたと思いますが、通常はもっと時間がかかると思います。

セキュリティのリスクとなるような古いプログラムがいくつもあったので、最新版にできるものは対応しておきました。

Windows7を使いたいという状況はあまりないかもしれませんが、サービスパックが入っていない時代のパソコンを持っていたり、出荷状態に戻してサービスパックなしに戻ってしまった場合、Windows Updateを待っているだけで最新状態になることはまずありません。

ほぼ必ずどこかでエラーに遭遇するはずです。しかも、今回のように複数のエラーが発生することがほとんどではないでしょうか?

困ったときのパソコンサポートでは、サービスパックの適用やWindows Updateのトラブル対応事例が多数ありますので、安心してご依頼ください。

事務所の複合機が壊れた

事務所で使っている複合機を新しいものに交換したので、各パソコンに設定してほしという連絡がありました。

Windowsパソコンだけではなく、Macも使っている環境でしたので、それぞれ設定していきました。Windows7、Windows8.1、Windows10が混在する環境で、Windows Upadateの更新タイミングとも重なったため設定には思ったより時間がかかりました。

スキャナ設定はFTPサーバー、SMBを利用したもの以外にも、複合機本体のメモリーボックスにアクセスするやり方もあります。FTPやSMB方式は、OSごとにセキュリティ設定が異なったり、セキュリティソフトによっては設定するのが非常に面倒、設定するのはかなり面倒です・・。

お客様のご要望で、今回は複合機本体のメモリーボックスにアクセスする方式となりました。これが一番設定が楽で、ネットワーク環境が変わっても大きな変更なしで使い続けられる便利なやり方でしょうか。

パソコンが起動しなくなった

VAIOの薄型デスクトップパソコンが動かなくて困っているというお問い合わせがありました。

お客様の希望で、急ぎデータ救出してほしいとのこと。
幸い、通電できてかつ、ハードディスクの損傷はないようだったので、無事にデータ救出することができました。

その後、時間はかかりましたがパソコンも無事起動させることに成功しました。

故障の原因はおそらく基盤にありそうでしたので、急ぎパソコンの購入をおすすめしておきました。

SEOの相談

整体をしているお客様から、ホームページの広告戦略やSEOについて相談してほしいという依頼がありました。

まずはお店のこと、今やっている宣伝方法などホームページ以外のことも確認する必要があります。

ホームページについては、無料サービスを複数利用しているとのことで、どのページに人がアクセスしたのか解析するのが困難な状況で、一部だけ分析できそうです。

今回は、基本的な広告の仕組み、SEOの基本方針などを話し合いました。

SEOの相談でよくあることですが、「最低限のホームページメンテナンスだけしてほしい」、「写真や文章などは自分で用意する」とよくお客様に言われます。

ところが、実際にそれでうまくいくことは中々ないように思えます。

お客様ご自身で対応できるなら、最初から相談する必要もないですし、お店や商品の写真を用意するだけでも一苦労で挫折することも多いようです。

どのぐらいお金や時間をかけるつもりがあるのか、最低限どこまでする必要があるのかなど、何でも相談になりますので、困ったときのパソコンサポートまでご連絡ください。

プリンターがエラーになる

USBケーブルで接続した、キャノンのプリンターip7230からエラーメッセージが表示されるという相談がありました。

ip7230というプリンターには液晶表示はありませんので、エラーメッセージはパソコンの画面で表示されるものになります。

まず目についたのが、プリンターが「オフライン」になっていること。
プリンター本体自体は通電しているようなので、次はUSBケーブルをチェックします。
ケーブルの抜き差しをしたところ、プリンターが「オンライン」になりました。
その後しばらく設定を見ていると、再び「オフライン」に戻ってしまいました。
パソコンとプリンターのUSBケーブルの位置を調整し、ケーブルの抜き差しをもう一度試します。

その後、しばらく待っても「オフライン」になることはなかったので、どうやらUSBケーブルに問題があったようです。

プリンターが「オンライン」に戻ると、今度は「双方向通信エラー」のメッセージが表示されました。プリンターの設定が初期設定の値と異なるものになっている箇所がいくつかあったため、それらを元に戻すことで「双方向通信エラー」は解消しました。

「双方向通信エラー」が出なくなったためインク残量が表示されるようになりましたが、今度はインク切れということが分かり、最後に印刷チェックするところまでは完了できませんでした・・・。

Yahooメールにログインできない

仕事で使っているYahooメールにログインできなくて、パスワード再設定もできなくて困っているという相談がありました。

お客様は、メールアドレス作成時のパスワードや秘密の質問を記載したメモ用紙を持っていたのですが、それでもダメだったそうです。

お客様と一緒にYahooメールにログインを試みましたが、やはりパスワードが違うということでログインできません。

次に、パスワード再設定画面に進みます。
パスワードを忘れた時に備えて、スマートフォンのメールアドレスを登録してあるのですが、そのスマートフォン自体が行方不明でよく分からないとのこと。
既に、携帯電話を解約している可能性もあります・・。

秘密の質問をメモしてあったので、それを画面で入力しましたが、質問の回答が違うとのことでパスワード再設定できません。アルファベットの大文字、小文字、平仮名やカタカナも試しましたがダメ。最後は半角カタカナで入力すると成功しました。

パスワードを再設定してログインしたのですが、メールは1件もありません。
送信済みメールやゴミ箱を見ても1件もメールが見つかりません。

お客様の持っているパスワードメモをもう一度確認させてもらったところ、どうやらもう1つメールアドレスが存在することが分かりました。

そちらでログインを試みましたが、こっちもパスワードが間違っています。
こちらでもパスワード再設定をしました。

こっちのメールアドレスがどうやらお仕事で使っていたもののようで、メールがたくさん届いていることが確認できました。

今回トラブルのあったパソコンは、受注専用パソコンだったそうで、お仕事の依頼メールが受信できなくて大変お困りだったようです。

無事解決でき、喜んでいただけました。

FXの自動売買設定をしてほしい

FXの自動売買の申し込みをしたけれど、設定できなくて手伝ってほしいという連絡がありました。

XMTrading社で口座開設し、自動売買ツール(EA)の申し込みをし、お名前.comのVPSで運用したいとのこと。

メールで自動売買の設定資料が送られてくるのですが、実際のソフトのバージョンと設定資料に記載のバージョンとが異なるため、どこを設定していいか分かりにくくなっています。契約していない他のEAの画像を使って説明されている箇所もあり、非常に不親切です。

問い合わせはメールのみで、質問しても期待した回答が得られなくて困っていたそうです。

お客様の代わりに、やりとりしたメールや説明PDFなどを見ながら設定していきます。
無事に設定完了し、EAの動作も有効にできました。

念のため、不慮の再起動に備えた対応など、VPSだからこを最低限しておかないといけない設定もしておきました。

iPhoneとパソコンで同期したい

仕事で使うパソコンとiPhoneとの間で、写真や文書などの同期をしたいので設定してほしいという依頼がありました。

訪問して確認したところ、iPhoneとiPadとパソコンの合計3台で同期したいとのことでした。今回は、iCloudとDropBoxを使ってデータ同期する設定をしました。

iCloudは50Gbyteプランを選び、DropBoxは無料プランで利用しました。

クラウド(インターネット)を利用したデータ同期サービスは、安くて便利ですね。
GoogleのGsuite(Googleドライブファイルストリーム)、MicrosoftのOffice365(OneDrive for Business)は特におすすめです。

外出先でとった写真をパソコンで簡単に見たい。
パソコンで作成したPDFやExcel、Word文書などをiPhoneやiPadで外出先から見たいなど、ご要望がありましたら、どのサービスがおすすめかなど、お客さまごとに合わせてご提案さしあげます。会員登録から初期設定まで一緒にサポートしますので、困ったときのパソコンサポートまでお問い合わせください。

プリンターが動かない

キャノンのプリンターMG7130が突然動かなくなったという連絡がありました。

調べたところ、プリンターが故障していることが分かりました。
新しいプリンターを買うことになったのですが、MG7130の後継機種はもう出ていません。

最近のキャノンのプリンターは、TSシリーズで、TSの7000番台か8000番台を選んでおけばいいかと思うのですが、前面トレイが使いにくくなってしまったのが致命的です・・。

もっと安い機種でもいいのですが、液晶画面表示があったほうが、設定が簡単にできることも多く、エラー発生時にも便利なので、こだわりがなければ液晶画面付きのプリンターがおすすめです。

ちなみに、メーカー修理の相場は15,000円ぐらいです。作業内容を考えるとものすごく良心的な価格設定だと思いますが、2万円ぐらい出せばそこそこのプリンターが買えるため、メーカー修理せずに買い換える人がほとんどではないでしょうか。修理に出すのは面倒だし、修理中にプリンターが使えないのも不便ですよね。

今回は、故障診断とプリンターの機種選定をお手伝いさせていただきました。

セキュリティソフトを入れたい

ウイルスバスターのパッケージが家にあるので、それをインストールしてほしいという依頼がありました。

訪問してインストールしようとしたところ、付属していたシリアルコードは、6年前に既に使用されたものだったようで、新しくウイルスバスターを購入してインストールすることになりました。

パソコン付属の体験版ウイルスバスターでは、シリアルコード入力画面に行く前にエラーが発生して先に進めなくなっていたため、いったんアンインストールしてからの設定となりました。

それ以外は大きなトラブルもなく、無事にインストールや設定が完了し、会員登録も一緒に行いました。セキュリティソフトは、インストールするためのURLが非常に分かりにくくなっています。ウイルスバスターだけではなく、他社製品でも同様です。インターネット検索して最初に出てくるページが宣伝用のランディングページで、この画面を表示してしまうとダウンロード画面にたどり着くのが本当に分からないような仕組みになっています。改善するつもりはないのでしょうかね・・・。