プリンターのWiFiがすぐ切れる

プリンターのWiFiがすぐ切れてしまうので、印刷するたびにWiFiが必要で困るというお問合せがありました。

ネットワーク環境を調査したのですが、WiFiルーターとプリンターはすぐ隣に並んでいるという状況です。
他の電化製品のノイズを受ける心配はまずないようです。

WiFiを使っているパソコンは2台ありますが、2台とも問題なくインターネットできています。

電波状況を調べていると、プリンターが使っている2.4GHz帯のSSIDが時々切れてしまっていることが分かりました。
パソコンが利用しているのは5GHz帯でした。

こんな時は、WiFiルーターの再起動です。
無事、解決しました。

お客さまに、WiFiルーターの再起動手順をお伝えして作業終了となります。

パソコンが起動しない

パソコンが起動しなくなったという連絡がありました。

実際に訪問して見てみると、パソコンの電源は入ってログオン画面も表示されることが分かりました。
ログオンしようとするとエラーになるというトラブルのようです。

今回はデータは無事のようでしたので、ユーザープロファイルの作り直しで対応することとなりました。

今回も無事に復旧できて、大変喜んでいただけました。

アダルトサイトに会員登録されてしまった

会員登録した覚えがないのに、画面に警告文が出てきてしまったというお問合せがありました。

話を聞いたところ、明らかに悪質なサイトで勝手にお金を請求してくるというものでした。

電話をしたかどうか
メールで問い合わせしたのか
住所を伝えたか
クレジットカード番号を教えたか
支払いはしたかどうか

など確認していきます。
どこまで相手に情報を渡したかによって対応も変わってきます。

パソコンの中にウイルスのようなソフトが入っていないかチェックしましたが、幸い今回は無事のようでした。

セキュリティソフトを入れておくのは当然の対応ですが、それだけでは万全ではありません。
詐欺の手口は非常に巧妙です。

とにかく、悩んだときは怪しい業者に連絡しないようにしてください。

困ったときのパソコンサポートでは、不正請求画面が出てしまった場合の対応もしていますので、まずはお電話ください。

あなたのApp Storeはロックされます。

ここ最近、このようなメールを受け取ったという相談が増えています。

今回は、App StoreからのメールとNortonからのメールが両方届いたので、どれを信用していいか分からないので調べてほしいというご依頼でした。

結果、App Storeからのメールは偽物でNortonからのメールは本物でした。

何人かのお客様のメールを確認したのですが、App Storeから届いたメールはいずれも偽物だということが分かりました。

メールの差出人アドレスで判別できると考える方もいらっしゃいますが、差出人情報は簡単に偽装できますので、そこだけで本物かどうか判別することはできません。

日本語の文面が明らかにおかしい内容だと気付ければいいのですが、焦っている時は正しく判断できないこともよくあります。
間違ってメール本文のリンクをクリックしてしまうお客様もいらっしゃいますが、クリックしただけでリスクがありますので、本物かどうか判別がつかない時はクリックしないようにしてください。

絶対に偽物だと分かる場合はいいのですが、自信がない場合は困サポまでお問合せください。

プロバイダー変更できない

プロバイダーを変更したけれど、設定できないというお問い合わせをいただきました。

お客様は、電話勧誘がきっかけでプロバイダ変更することにしたそうです。
今より金額が安くなると言われたそうですが、リモートで設定変更してもらえるはずがうまくいかなかったそうです。

NTTの光ルーターパスワードが分かれば設定は簡単なのですが、設定業者さん任せにしてある場合には、パスワードがお客様の手元に残っていないこともよくあります。

この場合、簡単にはネットワーク機器の初期化はできません。
既存のネットワーク構成や利用サービスなどを調べ、1つ1つ業者に確認してからの作業となります。

今回は、電話サービスの追加設定が必要ということが分かり、プロバイダー切り替え作業とともに電話サービスの登録作業もしました。

無事にインターネットや電話、FAXが使えるようになり、お客様にも喜んでいただけました。