セキュリティソフトの更新をしたい

使っているソフトのライセンス期限が切れそうなので、更新手続きをしてほしいという依頼がありました。

多くの場合、ソフトウェアの更新は簡単です。分かりやすくしないと更新してもらえませんからね。

ところが、一部のソフトは複雑で説明がよく分からず、更新したくなくなるようなものもよく見かけます。

次のような場合に困ってしまう方が多いようです。

  • 会員情報を忘れてしまった
  • 更新手続きの説明文が長い
  • 支払い方法がよく分からない
  • お金を支払う以外にも、更新作業が必要

セキュリティソフトで、初回の登録手続きも分かりにくいし、更新手続きも分かりにくいものがあります。大手他社製品と比較して随分安いのですが、少しでもトラブルが発生すると解決方法を見つけるのが非常に難しく、セキュリティソフトが稼働するために1時間以上かかるものもあります。折角安いソフトを購入したのに、設定費用が高くついてしまうこともあります。

セキュリティソフトはどの会社のものでは大して違いはないかもしれません。ご自分で設定できる場合は好きな製品を選べばいいと思いますが、自信がない場合は大手メーカー製品にしておくのが無難かなと思います。

バッテリーエラーが出る

パソコンの電源が入らなくなり、再起動したところバッテリーエラーが出たという相談がありました。

訪問して確認したところ、電源も無事に入り、バッテリーも問題ありません。念のためハードディスクエラーがないかチェックしましたが、それも大丈夫。

すぐには分からなかったのですが、どうやら電源ケーブルが断線を起こしているのが原因のようでした。ある方向に電源ケーブルを動かすと断線するというもので、原因の特定には時間がかかりました。

断線している電源ケーブルやパソコンの型番から、すぐに入手できるものを調べましたが、互換ACアダプターでさえ入手困難のようでした。

パソコンメーカーに問い合わせたところ、3週間くらい先の納品になるけれど、入手可能だということが分かり、早速手配しました。支払い方法など分からないとのことでしたので、私が仕入れてお客様のご自宅に配送するというお手続きをさせていただきました。

ACアダプターが届くまでは、電源コードを固定して使ってもらうこととなりました。

社内ネットワーク設定をしてほしい

20人規模のオフィスで、ネットワーク設定をしてほしいという依頼があり、対応してきました。

大きく分けて、3つのネットワークに分けます。

  • 社員のネットワーク
  • 経理の部屋用ネットワーク
  • 来客用ネットワーク

今回は、ルーターとL2スイッチを組み合わせて、できるだけ既存環境を修正しないで使えるよう設定しました。ポートVLANを利用して簡単なものにしています。

トラブル時やL2スイッチの故障時などに、できるだけ簡単に復旧できるようセキュリティとメンテナンスのバランスをとりながら構築しました。

専用のファイアウォール機器は使っていませんので、導入も簡単です。

ファイアウォールの費用は出したくないけれど、ある程度セキュリティを確保したいという場合にも対応しますので、他社での高額な提案に困っている方は、困ったときのパソコンサポートまでお問い合わせください。

パソコンの初期設定をしてほしい

ノートパソコンを買ったけれど、最初の設定が分からないのでみてほしいという依頼がありました。

訪問したところ、まだほとんど設定されていない状態でした。

パソコンの初期設定は、非常に時間がかかる場合があります。
型落ち品や、格安モデルの場合は特に時間がかかります。

Windows10の初回起動、Windows Update、Microsoftアカウントへの登録、セキュリティソフトの会員登録、Microsoft Officeのライセンス認証(デスクトップにアイコンを置く場合は再インストールの必要もあります)、他にも年賀状ソフトやプリンター設定も必要です。リカバリーディスクの作成については、高性能パソコンであっても30分以上かかることもあります。

データ移行はなかったのですが、それでも長時間の作業となりました。
無事にセットアップが終了し、基本操作説明をして完了です。

新しく買ったプリンターが反応しない

プリンターが故障して、今使っているものと同じプリンターを買ったのに、全然反応しなくて使えないという連絡がありました。

初期不良の可能性もありますが、それより設定上の問題やパソコン側に問題がある可能性のほうが高いと思います。

まずは電源や配線チェックから。
その次は、パソコンからプリンターを認識できているかチェック。

今回は、古いプリンタードライバーでエラーが発生していたことが原因のようでした。
ドライバーの入れ直しとエラー解消で無事解決しました。

ノートパソコンだけインターネットにつながらない

数日前から突然インターネットにつながらなくなったという連絡がありました。
デスクトップパソコンは大丈夫だけど、ノートパソコンだけがダメのようです。

電話サポートで対応できることが多いのですが、お客様からの要望でとにかく来て見てほしいとのこと。

今回は、ノートパソコンの横に付いているWiFiスイッチがOFFになっていたのが原因でした。このスイッチは非常に分かりにくいことがあります。前面にスイッチがあればいいのですが、側面や背面にあると気付きにくいです。

お客様は2日間試行錯誤してダメだったようで、最初から来てもらえばよかったと言ってもらえました。

パソコンの電源が切れない

Windows10のパソコンで、電源が切れなくなったという連絡がありました。

画面左下のWindowsボタン(スタートボタン)や、画面下のタスクバー どこをクリックしても反応しない状態でした。
Windows10がリリースされてすぐのころはこの状態をよく見かけましたが、最近はあまり見かけなくなっていました。Windows Updateが原因でこうなることが多いようです。
再起動すれば直りますが、その再起動ができなくて困るんですよね。

電源ボタン長押しで解決できるのですが、運が悪いとパソコンが故障してしまうこともあるため、それは最後の手段です。

Ctrl+Alt+Del の同時押しでロック画面に戻ります。画面右下の電源マークをクリックすることで、再起動やシャットダウンできるようになります。

今回は、再起動するとWindows Updateの更新処理が実行されました。
どうやら、今回もWindows Updateが原因で発生していたようです。

Windows Liveメールの移行

Windows Liveメールを使っている人はまだまだいるかと思います。
今回の対応は、Windows LiveメールをOutlookに移行するという内容でした。

インターネットで調べると、Windows LiveメールからOutlook2013やOutlook2016へのデータ移行についての説明をされているページがいくつも見つかりますが、最近ではこのやり方でうまく行かないパターンもいくつか見られるようになってきました。

Windows Liveメールに異常がある場合、pst形式へのデータ変換が失敗することがあるようです。また、Windows10にインストールしたWindows7用のLiveメールなら動くけれど、Outlook2019へ移行してもフォルダーだけコピーできてメールがほとんどコピーできない状況も見つかりました。

メールの移行はいくつかパターンがありますが、その時々で使える手段は変わってきます。
Winodws LiveメールもいつまでWindows10にインストールできるか分かりませんので、早めにOutlook2016やOutlook2019などに移行しておいたほうが安心です。

迷惑メールを何とかしてほしい

毎日たくさんの迷惑メールが届くので何とかしてほしいという相談がありました。

迷惑メールは誰にでも届くものです。
とは言え、ある程度は自分でコントロールできるのも確かです。

ウイルスメールのように、開くだけで感染してしまうものもあるので、パソコンの設定は常に最新にしておく必要もあります。

古いパソコンを使っている人の中には、Windows Liveメールを使っている人がたくさんいらっしゃいます。随分古いソフトのため、セキュリティ面では非常に心配です。できるだけ製品版のOutlookやThunderbirdなどに切り替えて、最新版にアップデートして利用することをおすすめします。

迷惑メールが多すぎるのでメールアドレスを変更したいというお問い合わせをよくいただくのですが、メールアドレスを変更した場合には、関係者への連絡、名刺やホームページ、印刷物の変更なども必要になってきます。いろんなサイトで会員登録している場合も、変更が必要になります。

LINEやApple ID、通販サイト、セキュリティソフト、Microsoftアカウントなどにも登録している方は、変更のハードルが非常に高いと思います。

迷惑メールと言っても、今まで対応してきたお客様の傾向から、ほとんどがメールマガジンからのメールだということが分かりました。

原因の多くは、以下のものです。
通販サイトで買い物をした。
フリーソフトをダウンロードをした。
お店で買ったソフトウェアをインストールした。

信頼できるい会社からのメルマガだけ配信停止します。信頼できない会社は、とにかく無視です。

次に、メールソフト側で迷惑メールの受信拒否登録設定をしていきます。
いくつかパターンがありますので、それを覚えて行けば、迷惑メールは確実に減っていきます。

プロバイダーが提供する、迷惑メールブロックサービスが利用できる場合もあります。
これを利用することで、悪質な迷惑メールの一部はカットできると思います。万全ではありませんが、月に数百円程度払うだけでストレスの原因とウイルスリスクを減らせると思えば悪くないのではないでしょうか。

迷惑メールの相談から対策、および継続的な対処法まで知りたい方は、困ったときのパソコンサポートまでお問い合わせください。

セキュリティソフトが動いているか見てほしい

セキュリティソフト(トレンドマイクロのウイルスバスター)の更新をしたけれど、それ以降画面に表示されなくなったという電話がありました。ウイルスバスターのアイコンが消えているそうで、ちゃんと動作しているか見てほしいとのこと。

訪問してチェックしたところ、セキュリティソフトのアイコンが見つかりません。
ソフトの起動トラブルでもなく、きれいに削除されている状況でした。

他にもウイルスバスターがインストールされたパソコンがあったため、更新状況を確認しましたが、特に更新期限が延長されたようにも見えません。おそらく、ソフトウェアのアップデートをしようとして、削除してしまったのではないかと思われます。

もう一度ウイルスバスターをインストールしようとしたのですが、マイアカウントのメールアドレスやパスワードが分からないようです。

調べたところ、メールアドレスは身に覚えのないものだそうで、おそらく10年程前にパソコンの初期設定を依頼した方の個人メールアドレスではないかということでした。

台数制限にひっかからなければ、シリアル番号だけでもインストールできたようですが、残念なんことに、既に3台で使用済みだったようで、マイアカウントにログインしないと先に進めません。

お客様と相談の上、新しくセキュリティソフトを導入することとなりました。
もう1台のパソコンにも同じ設定をし、ウイルスバスターの自動更新手続きは、トレンドマイクロ社に電話して対応してもらうこととなりました。